小田原城【日本100名城】

小田原城

こんにちは!こ〜たろうです。

今日は日本100名城のひとつ神奈川県小田原市にある小田原城(おだわらじょう)に登城しました。

小田原城は北条早雲から氏綱、氏康、氏政、氏直の五代で約100年間関東地方を支配した拠点となった。

小田原城のデータ

  • 住所:神奈川県小田原市城内
  • 種類:平山城。
  • 築城:1417年。
  • 廃城:1871年。
  • 遺構:曲輪、石垣、土塁、空堀、横堀。
  • 再建:天守、門、塀、石碑。

小田原城の歴史

  • 1454年:この頃大森氏が現小田原城線路の向かい側八幡山に築城。

  • 1495年:伊勢氏(北条早雲)が大森氏から城を奪う。
  • 1516年:三浦半島の三浦氏を滅ぼし相模を平定。
  • 1523年:2代氏綱が伊勢から北条に改名。
  • 1524年:上杉氏から江戸城を奪う。
  • 1546年:3代氏康が川越合戦で上杉氏を破る。
  • 1561年:4代氏政の時、長尾景虎(上杉謙信)が小田原を攻め城下に放火する。
  • 1569年:武田信玄が小田原を攻め城下に放火する。
  • 1589年:5代氏直の時、豊臣秀吉が宣戦布告。堀と土塁で全長9kmに及ぶ総構(そうがまえ)の構築開始。小田原城の総構は大阪城総構構築の参考になったと言われている。
  • 1590年:豊臣軍が22万の軍隊で小田原城を囲み、笠懸山に石垣山城を築く。5万4000の籠城軍は3ヶ月持ちこたえるも開城。氏政は切腹、氏直は高野山へ追放。
  • 1590年:大久保氏が城主となり、改修開始。
  • 1634年:京都へ向かう途中の三代将軍家光が天守に上り眺望を楽しんだ。
  • 1675年:近世化工事が完了。
  • 1870年:廃城。
  • 1923年:関東大震災で天守、本丸、石垣が崩落。
  • 1960年:天守閣再建。
  • 2006年:日本100名城(23番)に選定。

小田原城のみどころ

南曲輪南堀。

南曲輪南堀。

銅門(あかがねもん)。

銅門(あかがねもん)。1997年再建。扉の飾りに銅が使われている。

天守閣。

天守閣。1960年江戸時代の資料をもとに復元。三重四階建てで一重目が二階建て。

天守から相模湾を望む。

天守から相模湾を望む。

学橋(まなびばし)。

学橋(まなびばし)。

スタンプラリー

天守閣1階。

おつかれしろでした。