江戸城【日本100名城】

天守台。

こんにちは!こ〜たろうです。

今日は東京都千代田区にある江戸城(えどじょう)に登城しました。

とにかく広いので全部はなかなか見切れないお城。北側は神田川(JR総武線)、東は隅田川、南は赤坂・溜池・虎ノ門・御成門あたりまでで、千代田区と中央区全域がお城だった。

お城のデータ

  • 住所:東京都千代田区
  • 種類:平山城。
  • 築城:1457年。
  • 廃城:使用中。
  • 遺構:曲輪、櫓、門、石垣。
  • 再建:富士見櫓、伏見櫓、多聞櫓、桜田巽櫓、和田倉門。

江戸城の歴史

  • 平安時代末期、江戸氏の居城があった。
  • 1457年、太田道灌が築城。
  • 1590年、小田原攻め後、徳川家康が駿府城から引っ越し。
  • 1603年、関ヶ原の戦いに勝利した家康は江戸城の拡張を天下普請で着手。
  • 1868年、明治元年4月4日明治新政府に明け渡され東京城(とうけいじょう)に改名。
  • 1948年、皇居に改名。
  • 2006年、日本100名城(21番)に選定。

江戸城のみどころ

桜田巽櫓。

桜田巽櫓。

桔梗門。

桔梗門。内桜田門とも。皇宮警察用の門かも。

白鳥。

白鳥。飛べなくしてあるらしい。

半蔵門。

半蔵門。服部半蔵が守っていたとか。皇室専用の門。婚約者とかは北側の乾門を利用。

半蔵堀。

半蔵堀。

桜田門。

桜田門。

彦根藩主井伊直弼が水戸藩脱藩者などに暗殺された桜田門外の変があったところ。井伊家のお屋敷は国会議事堂前の公園のあたりで、桜田門までの距離は500mくらい。

1860年3月24日、雪が降る早朝の出来事。籠に乗った直弼はピストルで撃たれ動けないところを何度も刺され斬首された。彦根藩の警護側は刀の鞘が濡れないよう袋に入れていたため対応が遅れるも、藩主の首は取り戻した。

1932年には昭和天皇が乗る馬車に朝鮮人が手榴弾を投げる事件も起きたところ。手榴弾は別の馬車に当たったがもちろん死刑。

二重橋と富士見櫓。

二重橋と富士見櫓。現在はこちらが皇居の正門。

和田倉門跡。

和田倉門跡。

和田倉噴水公園。

和田倉噴水公園。1961年、当時の皇太子と美智子さまのご成婚記念で開園。

大手門。

大手門。藤堂高虎が作った手前の高麗門(こうらいもん)と渡櫓門(わたりやぐらもん)でできている枡形門。

同心番所。

同心番所。登城者の監視担当。

百人番所。

百人番所。鉄砲百人組が昼夜交代で勤務。

大番所。

大番所。位が高めの武士が勤務。

天守台。

天守台。江戸城の天守は1607年、1623年、1638年の3度建てられるも全て火事で焼失。

江戸城の石垣は伊豆から切り出しされた伊豆石だが、天守焼失後御影石で天守台のみ再建された。

4代将軍家綱の後見役である会津藩主保科正之が、天守再建より江戸の復興と被災者の救済を主張したため以後再建されず。

本丸御殿跡。

本丸御殿跡。将軍が政務を取った表(おもて)、住居の中奥(なかおく)、女性と将軍専用の大奥(おおおく)があったところ。

1657年、明暦の大火(振り袖火事)で天守・本丸御殿は焼失。以降西の丸御殿を使用。

吉田茂像。

吉田茂像。

楠木正成像。

楠木正成像。

スタンプラリー

楠公休憩所、和田倉休憩所、北の丸休憩所。

和田倉休憩所

今回は和田倉休憩所で押しました。

おつかれしろでした。