「グラップラー刃牙」既刊全42巻を読んでみた

グラップラー刃牙1-2

こんにちは!こ〜たろうです。

今日は板垣恵介さんの「グラップラー刃牙」既刊全42巻を読んでみました。

ストーリー

グラップラー刃牙3-27

高校生の範馬刃牙は地上最強の男になるべく体を鍛えていた。

東京ドームの地下には水戸黄門の時代から続く秘密の格闘技場があった。

そこでは真の世界一強い男を決める戦いが行われていた。

登場人物

グラップラー刃牙28-42

範馬勇次郎は国家も手が出せない地上最強の生物。

トーナメント

そこで真の格闘技世界一を競うトーナメントが行われることになった。

とてつもなく強い男たちを倒し決勝は範馬刃牙VSジャック・ハンマーと二人とも勇次郎の血を引く兄弟対決となる。

ライバルたちの技を駆使して範馬刃牙が優勝。

つづき

グラップラー刃牙→バキ→範馬刃牙→刃牙道へとまだまだ物語は続くのであった。