新型コロナに効く薬をざっくり調べてみた

新型コロナ

こんにちは!こ〜たろうです。

今日は新型コロナに効きそうな薬などをざっくりと調べてみました。

ワクチンができるまでは1〜2年かかるので今は既存の薬が試されています。

民間療法

新型コロナはウイルスなので感染してしまったら免疫で闘うしかありません。

  • とにかく予防。感染しないのが一番です。手洗い・マスク・うがい・トイレを清潔に。
  • 食事・運動・日光浴・お風呂・暖房で部屋を暖かくして過ごす。
  • 休養・睡眠。
  • 栄養は必要ですが食べ過ぎはNG。
  • 不安をあおるワイドショーは見ない。見るならお笑い番組。
  • 日本人なら味噌、納豆、漬物などの発酵食品で腸内環境を整える。

BCG

結核対策で効果があったかなかったかは不明ですが、ある程度の日本人にはある二の腕の四角いぶつぶつのヤツです。それがまさかのコロナの重症化を防いでいるのでは?日本だけではなくイラクやポルトガルの死者が少ないのはBCG摂取のおかげではないかとの報道がありました。

これから接種はできませんし、感染を防ぐわけではないので気休めとしておきましょう。

アビガン

富士フイルム富山化学株式会社が開発した新型インフルエンザ用の薬。RNAウィルスを増殖させない効果があります。

新型インフルエンザには5日間で40錠ですが、新型コロナには14日間で120錠程度の投与が必要で、早く投薬した方が効き目はあるそうです。備蓄が8000万錠あるのでインフル用には200万人分、新型コロナ用には約70万人分あります。

プラシーボもありますが効果はありそうです。胎児に副作用があるので若い男女には使えません。

また、今のところ厚労省の認可は下りていませが、30ヵ国から提供要請があり政府は無料で提供する意向。

オルベスコ(シクレソニド)

帝人ファーマの吸入ステロイド喘息治療薬。抗ウイルスがあるとの報告。

フサン

富山にある日医工の急性膵炎治療薬。感染を阻止する効果があると東大が発表。

ヒドロキシクロロキン(プラケニル)

フランス、サノフィ社の抗マラリヤ薬。トランプ大統領が画期的な薬と言及。

イベルメクチン

1979年北里大学教授が川奈ゴルフ場で採取した土壌からイベルメクチンを作る菌を発見。アメリカのメルク社がこの菌を利用して人用駆虫薬イベルメクチンを開発。

家畜やペットの寄生虫疾患に使われていたが、エイズ・デング熱・インフルエンザにも効果があることがわかった。

アフリカに無償で提供し多くの命を救い、2015年大村教授はノーベル生理学・医学賞を受賞した。

オーストラリアのモナッシュ大学のワーグスタフ博士がコロナウイルスをイベルメクチンにさらしたところ48時間以内に全ての遺伝物質が消滅したという実験結果を発表。新型コロナのみではなく全てのウイルスに効果があるとのこと。

臨床での検証、臨床試験はこれから。

アクテムラ

中外製薬の関節リウマチ薬。臨床試験開始。

スーパーコンピュータ富岳

富岳を使って既存薬の効果や組み合わせの効果を予測する研究も始まるとのこと。

新型コロナ検査キット

島津製作所は4月10日から新型コロナ検査キットを発売。今までの半分の時間で判定できるとのこと。

富士フイルムやキョーリン製薬も新型コロナを短時間で検査できるキットや試薬を急ピッチで開発中。

集・近・閉がヤバい

新型コロナが収束するまでは3つの密:集・近・閉(しゅう・きん・ぺい)が3つ集まるとかなりヤバいです。集近閉(しゅうきんぺい)がヤバいと覚えましょう!