30分でわかる府中三億円事件

1968年(昭和43年)学生運動が過激化していたころ、東京の府中で3億円も盗まれる事件が起こり日本中が大騒ぎになりました。

映画のような犯行の手口が公開されるとさらに報道はヒートアップ。

当時の初任給は3万円、年末ジャンボ宝くじの1等賞金は1000万円で、3億円は現在価値にすると20億円とも言われています。

あの時何が起こっていたのか時系列で追っていきたいと思います。

↓↓↓続きはこちら↓↓↓