加計学園問題をざっくり振り返り

加計学園(かけがくえん)

こんにちは!こ〜たろうです。

今日は加計学園(かけがくえん)問題をざっくりと振り返ってみたいと思います。

安倍首相の意向で総理のお友達が理事長の学校に新学部参入を無理矢理許可したとされる問題。

加計学園問題の背景

文科省は52年間も獣医学部新設を認めてこなかった。新規参入を拒んでいたのは獣医学会で、その支援を受ける石破氏と麻生氏も新設反対だった。2015年には獣医学部新設のための石破4条件が閣議決定しさらに新設を難しくしていた。

いわゆる岩盤規制に穴を開ける国家戦略特区ワーキンググループは設立以降14事業が推進されていた。また、医学部や薬学部その他カタカナ系学部もどんどん新設されていた。

加計学園は2007年以来15回も獣医学部新設を申請していたが全て却下されていた。狂牛病・口蹄疫・鳥インフルエンザなどの対応現場での人材不足と、獣医学部が西日本に少ないなどの理由もあった。また、獣医師一学年の定員930名に対し1200名の学生がいた。

2016年1月29日:加計学園の獣医学部構想が国家戦略特区に指定。

※後日問題となる内部メモはこの時期(9月〜10月)に書かれたもので、規制緩和は内閣府で行なったが、大学設置審査は文科省の担当であるため全く動こうとしない前川事務次官を説得する内容だった。前川氏が動かなかったのは元々天下り先を減らす規制緩和に反対で新設反対派の麻生副総理の意向を忖度したとも言われている。

11月9日:京都産業大学と選考の結果加計学園(岡山理科大学)が獣医学部新設可能となる法改正を決定。加計学園は土地取得・教員手配済みであったが、京都産業大学はどちらもできていなかった。また、四国と隣接県に獣医学部はないが京都の隣の大阪にはあったことも大きな理由。

2017年1月4日:獣医学部開設校を募集。獣医学会の意向で1校に絞られた。

1月20日:加計学園を選定。

11月10日:学部新設を許可。

2018年4月:岡山理科大学今治キャンパス獣医学部開学。

加計学園問題報道

2017年5月16日:NHKの深夜ニュースで新設獣医学部に課題ありと報道。証拠の文書にはなぜか影や黒塗り部分があった。

5月17日:朝日新聞により新学部設立に総理の意向が影響、加計学園理事長と安倍首相が知人であることが報道。証拠とする文書には不自然な影があった。菅官房長官は怪文書と回答。野党の疑惑調査チームの報道、国会での質疑も始まりニュースで大々的に報道された。

証拠とする文書には不自然な影があった

前川劇場

5月22日:読売新聞が前川前文科省事務次官が新宿歌舞伎町の出会い系バー(恋活BARラブオンザビーチ)に頻繁に出入りしていたと報道。風俗通いについては現役中も注意を受けていた。また、前川氏は3月末定年予定だったが天下り斡旋のため1月20日に退官していた。

5月25日:朝日新聞に前川氏のインタビューを掲載。文書はあった、総理のご意向により行政がゆがめられたと証言。同日記者会見を行い文書はあったと発言。その上で石破4条件をクリアしていないため認可すべきではなかったが総理の意向に逆らえなかったと反省の弁を述べた。

5月25日〜28日:イタリアでG7タオルミーナ・サミット。

5月26日:自民党が前川氏の証人喚問を拒否。

6月5日:首相は国家戦略特区諮問会議の最高責任者であり決定者ではあるが、私が色々決められるわけではないと証言。

6月15日:文科省のPC内に問題の文書があったことを公表。

6月16日:二階幹事長がBSフジでばかばかしい話と発言するも全く問題にならず。

6月17日:安倍首相が国会において強い口調で反論してしまったことについて謝罪。

6月:当時民進党の玉木議員が日本獣医師会の総会で「おかしな方向に向かいそうになった際にはしっかり止める」と発言。明らかに獣医学部新設を阻止する意味の発言であり、父親や弟が獣医師でご本人も獣医師会から献金100万円をもらっていたことが発覚。

7月:3日間国会で集中審議が行われる。総理のご意向文書は今治に決定後、当時文科省事務次官だった前川氏がまったく動かなかったため説得するためのメモであったことや前川氏の虚言も判明。

総理のご意向文書

報道のきっかけ

朝日新聞

報道のタイミングからNHK・朝日新聞・前川氏の三者で事前に打ち合わせがあったと思われる。

前川氏が文書提供したのでは?という問いに答えられないと発言。

その他

2017年11月:池上彰氏により獣医学部定員140人中、韓国人枠が20人あることが報道。獣医師が足りないから作ったのでは?と批判。

2019年6月:映画新聞記者公開。政府が加計学園を軍事利用できるウイルス兵器の研究をする目的で作ろうとしているというストーリー。また、前川氏のガールズバー通いは内閣調査室によるフェイクという設定。荒唐無稽な内容のせいか興行収入は4億円台で2019年年間興行収入ランキングは98位と興行的にずっこけたものの2020年日本アカデミー賞作品賞・主演男優賞・主演女優賞の3冠を獲得し、日本中がずっこけた。

2020年3月:面接で韓国人全員を0点にしたとの不正入試問題が報道。

マスコミは何がなんでも加計学園を潰したいらしいが、不透明なところがなく正式な手続きを踏んで開設した大学なのでツッコミどころが無理筋すぎる。人材が育つには10年くらいかかるので暖かく見守ってほしい。

画像:Google、朝日新聞他。