戦国時代ざっくり振り返り

江戸城天守閣跡

こんにちは!こ〜たろうです。

今日は戦国時代をざっくり振り返ってみたいと思います。

北条氏が関東で台頭

群雄割拠だった関東地方を北条氏が早雲から5代で100年間支配する。

1493年:今川氏の勢力下にあった興国寺城主伊勢盛時(北条早雲)が伊豆に侵攻。韮山城を築き戦国大名となる。

興国寺城写真

1501年:鹿狩りを装って兵を入れ、小田原城を奪取。

小田原城写真

1516年:三浦半島を支配していた三浦氏を破り相模一国を制定。

1524年:早雲が病死。

1545年:北条氏が守る川越城を上杉氏が数万の兵で包囲。和睦を申し入れ油断したところで急襲。上杉氏は長尾景虎(上杉謙信)を頼って越後国まで逃げる。【川越夜戦】

川越城写真

伊勢氏は2代氏綱の時鎌倉時代の北条氏にあやかり北条に改名。

以降、豊臣氏に滅ぼされるまで現在の東京・神奈川・千葉・埼玉・伊豆を支配していく。

越後の龍 上杉氏が台頭

越後国(新潟県)では守護を滅ぼした長尾氏が支配。末っ子の景虎が家督を継いだ。

1561年:長尾景虎は越後国春日山城主だったが、川越夜戦で敗れた上杉氏を保護。上杉の名前と関東管領職を譲り受け上杉謙信と名乗る。

春日山城写真

以降、新潟県・群馬県を支配していく。

当時越後国(新潟県)は生産力が低かったこともあり毎年のように関東に攻め込んだ。

甲斐の虎 武田氏が台頭

守護大名の武田信虎が甲斐国(山梨県)を統一した。

1541年:武田信玄は父信虎を駿河の今川氏に追放し家督を相続する。

信玄は山梨県甲府市に居館として躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)、立てこもり用の山城要害城を築いた。織田信長に滅ぼされるまで引っ越しはしなかった。また、武田軍は馬が多く騎馬戦を得意とした。

躑躅ヶ崎館写真

1553年:川中島の戦いが始まる。10年間で5回戦った。

1561年:第四次川中島の戦いで軍師山本勘助戦死。

以降、山梨県・長野県を支配していく。

駿河の守護大名 今川氏が台頭

駿河国(静岡県中部)、遠江国(静岡県西部)を支配していた今川氏で義元が家督を継いだ。

1554年:今川義元は北条氏・武田氏と婚姻関係により三国同盟を結ぶ。

同盟は桶狭間の戦いで戦死後1568年に武田信玄が南進するまで続いた。

東北で伊達氏が台頭

伊達氏が現在の青森県・岩手県・宮城県・福島県を含む陸奥国(むつのくに)の守護大名に任命。米沢城を拠点とした。

1584年:伊達政宗が家督を相続。幼少時に右目を失い独眼竜と呼ばれた。

家督相続時には豊臣の世となっていたため豊臣、徳川に服従した。

毛利元就が一代で中国地方を制圧

三本の矢でおなじみの毛利元就が広島県安芸高田市にある郡山城を居城とする国人領主を家督相続。

郡山城写真

1540年:島根県・鳥取県を支配する尼子氏が郡山城を3万の軍勢で包囲。山口県を支配する大内氏の重臣であった陶晴賢(すえはるかた)が救援に駆けつけ尼子氏は大敗。

1542年:大内氏が尼子氏の居城月山富田城を包囲。城攻めに失敗した大内氏が大敗。

1551年:陶晴賢が主君である大内氏を滅ぼす。

1555年:毛利軍(4000人)が厳島で陶晴賢軍(2万人)を破る。【厳島の戦い】

1565年:毛利氏が尼子氏の居城月山富田城を包囲。1年半後落城。

月山富田城写真

1575年:抵抗を続けていた尼子氏の武将山中鹿介が死亡。

以降、山口県・広島県・鳥取県・島根県を支配していく。

九州地方で島津氏が台頭

1550年:大友氏は豊後国(大分県)の守護大名だった。大友宗麟が家督を相続し肥前国(佐賀県・長崎県)の守護職も手に入れる。

薩摩国(鹿児島県西部)の守護大名だった島津氏は島津貴久の時大隅国(鹿児島県東部)、日向国(宮崎県)もあわせ三国の守護大名となる。貴久の4人の息子の活躍で九州をほぼ制圧するも豊臣氏に敗れ薩摩国・大隅国に領土縮小。

1543年:種子島に鉄砲伝来。

1578年:宮崎県の耳川の戦いで大友軍を破る。

大友氏が勢力を弱めると龍造寺氏が肥前国(佐賀県・長崎県)を支配。

1584年:島原半島の沖田畷(おきたなわて)の戦いで島津氏に敗れる。

長宗我部氏が四国を統一

1585年:土佐の国人長曾我部元親が四国を統一した。元親は半農半士である一領具足と呼ばれた地侍を組織化して戦った。

その後、豊臣氏に敗れ土佐一国を与えられるも関ヶ原の戦い後領地没収。

織田信長が室町幕府を滅ぼし、勢力拡大

1534年:尾張国で織田家家老の息子として織田信長が生まれる。

熱田神宮など商業の要所を押さえていた織田氏は豊富な財力をもとに兵士専門部隊を置き兵農分離を進めた。

1560年:今川義元が尾張国に攻め込む。野戦を決めた信長は清洲城を飛び出し熱田神宮で戦勝祈願後、雨模様の桶狭間山で今川義元を討ち取った。義元の首は駿河に送り届けられた。

今川氏が衰退すると駿河国東部は北条氏、西武は武田氏、遠江国は徳川氏の領土となる。

1562年:今川氏から独立し岡崎城に入った徳川家康と同盟を結ぶ。徳川氏は三河国・遠江国の戦国大名となる。

1565年:信長が尾張国を統一。

1567年:稲葉山城を攻め落とし斎藤氏を破る。美濃国を平定した信長は地名を岐阜に変更し、稲葉山城改め岐阜城に入る。この時秀吉は短期間で墨俣城を建て手柄をあげ出世していく。

岐阜城写真

1568年:信長は足利義昭と上洛(京都に入る)し、義昭が15代将軍となる。

1570年:支配下に入らなかった一乗谷城の朝倉義景討伐のため越後国(福井県)に入る。その時後方の浅井長政が寝返り兵を起こしたとの報告が入る。そこで豊臣秀吉を最後尾に撤退戦を行う。琵琶湖の西側を南下し京都→草津→鈴鹿山脈経由で岐阜城に帰還。途中甲賀忍者に鉄砲で撃たれる。

1ヶ月後、朝倉・浅井連合軍と織田・徳川連合軍が姉川で戦い織田軍が勝利するも小谷城は落とせなかった。

1571年:朝倉・浅井に味方していた比叡山延暦寺を焼き討ち。

比叡山延暦寺写真

1572年:武田信玄が出兵。浜松城近くの三方ヶ原にいる武田軍に徳川軍が戦いを挑むも惨敗。家康は浜松城に逃げ帰る。

浜松城写真

1573年:武田信玄が53歳で病死。武田軍は引き揚げる。

同年:信長が足利義昭を京都から追放し、240年続いた室町幕府は滅亡。

同年:信長が朝倉義景を攻め一乗谷城を焼き落とす。折り返して浅井長政を攻め小谷城も落とす。この時妹のお市と三姉妹は救出された。

朝倉氏居城

1574年:伊勢長島の一向一揆を制圧。

1575年:信玄の跡を継いだ武田勝頼が徳川領の高天神城を落とし、長篠城を包囲。勝頼は織田・徳川連合軍が待ち受ける設楽原に移動。織田軍は3000挺の鉄砲を使い武田軍は敗走する。武田氏は1582年滅亡。

長篠城址

同年:越前一向一揆を制圧。柴田勝家に北陸地方を任せる。

1576年:巨大な天守閣を持つ安土城を築く。

安土城天守閣跡写真

同年:上杉謙信が織田氏と結ぶ畠山氏の七尾城を落とす。

七尾城写真

1577年:柴田勝家が上杉謙信に手取川の戦いで敗れる。

1578年:上杉謙信が49歳で病死。内紛の結果景勝が跡を継ぐ。

1579年:明智光秀が丹波、丹後を平定。

1580年:石山本願寺と講和。

1580年:秀吉が播磨の三木城を兵糧攻めで落とす。

1581年:秀吉が鳥取城を兵糧攻めで落とす。

鳥取城写真

同年:家康が武田氏武将が籠城する高天神城を兵糧攻めで落とす。

高天神城写真

豊臣秀吉が天下統一し、大陸に進出

織田信長の後を継いだ豊臣秀吉は太閤検地、刀狩り、バテレン追放令、惣無事令を出した。

1582年6月2日:中国攻め中の秀吉を支援するよう命ぜられた明智光秀率いる1万3000人兵が、織田信長が宿泊していた本能寺に攻め入る。信長と長男の信忠が自刃。堺にいた家康は伊賀忍者の助けで帰還。家康は山梨県・長野県を領地に取り込む。

1582年:秀吉は備中高松城を水攻めで包囲中本能寺の変を知る。高松城主の切腹と城の明け渡しを条件に兵を引く。京都までの180kmを5日で走破し翌日天王山で光秀と戦い勝利。光秀は落ち武者狩りにあい死亡。12日間の天下だった。【山崎の戦い】

同年:清洲城での会議で秀吉は柴田勝家と対立。賤ヶ岳の戦いで勝家を破る。この時加藤清正など賤ヶ岳の七本槍が活躍した。

1584年:小牧・長久手で秀吉と家康が対立。織田信雄が秀吉と和睦したため家康も和睦。

1585年:四国を平定。長曾我部氏は土佐以外を返納することで許された。

同年:秀吉が関白になる。

1586年:石山本願寺跡地に大阪城完成。

1587年:九州を平定。

1590年:北条氏の小田原城を攻略。家康が関東に国替えとなる。

1592年:備前に名護屋城を築き15万の軍を朝鮮に出兵。明との講和条約に不満だった秀吉は再度出兵を指示。【文禄の役】

1597年:14万の軍を朝鮮に出兵。【慶長の役】

1598年:秀吉が死去すると家康が帰国を命じた。

徳川家康が天下統一し、江戸幕府を開く

1598年8月:京都伏見城で秀吉が死去。秀吉の子秀頼を中心に五大老・五奉行による合議制となる。

1600年:越後から会津へ国替えとなった上杉景勝の家臣直江兼続の直江状を理由に徳川軍が大阪城から上杉討伐のため東に向かう。石田三成が挙兵すると反転し西に向かい、9月15日、関ヶ原で対峙する。徳川軍主力の3万が真田に足止めを食うなど西軍有利と思われたが、小早川秀秋の寝返りを受け、東軍が勝利。三成は斬首される。

関が原写真

1603年:家康が征夷大将軍となり江戸幕府を開く。

1614年:方広寺鐘銘問題が起き、20万の兵で大阪城を囲む。和睦後外堀を埋めてしまう。【大坂冬の陣】

1615年:家康は秀頼に大阪城から出るか浪人を追放するか選ばせる。再度15万の兵で取り囲む。大阪城は炎上し豊臣家は滅亡。150年続いた戦国時代が終わった。【大阪夏の陣】

大阪城写真

1616年4月17日:天下統一を果たした徳川家康が75歳で死去。日光東照宮で祀られている。