「山と食欲と私」既刊全7巻を読んでみた

こんにちは!こ〜たろうです。

今日は信濃川日出雄さん著の「山と食欲と私」既刊全7巻を読んでみました。

読み始めた時は女性の作品と思ってましたが、お名前から男性のよう。札幌在住とのこと。

ストーリー

山ガールならぬ単独登山女子日々野鮎美のお話。主人公は東京でセキュリティ会社のOLをしつつ、週末になると山に行って山頂で料理やテン泊もする本格派。

基本単独登山ですがちょいちょい不思議な出会いがあり、崖から落ちそうな時に山で死んだ幽霊に助けられたりする。

まとめ

山ご飯はコンビニ弁当、お泊まりは山小屋派の私にはすごく勉強になるコミック。

山仲間でテント泊の話題はちょいちょいするのですが、なかなか踏み切れないのでその一歩を越えるアドバイスがもっと欲しいかも。

山頂料理はちょっと無理っぽいから見た目で楽しむのみかなぁ。。