「DEATH NOTE」全12巻を読んでみた

こんにちは!こ〜たろうです。

今日は「DEATH NOTE」全12巻を読んでみました。

ストーリー

警察幹部の息子で高校三年生の夜神月(やがみらいと)が名前を書くだけで人を殺せるデスノートを手に入れたお話し。

対するのはインターポールに協力するL(エル)。

前半は月(ライト)対L(エル)の将棋にような先読み対決。

後半はエルの後継者ニアとメロとライトの三つ巴の戦い。

まとめ

ラストはあれほど慎重だったライトがなぜか自らキラだと告白してしまうのは謎。

デスノートの複雑なルールがだんだん明かされるのもやや後付けっぽいか。