【2018年秋冬】レベル別マラソンシューズおすすめ4選+アルファ

ランニングシューズ

こんにちは!こ〜たろうです。

今日はフルマラソンレベル別のおすすめシューズを紹介します。

5時間超〜初心者

1km7分〜8分でのジョギングペースでのトレーニング・レース用です。

走る筋肉はけっこう簡単に強くなるので、1km→5km→10kmと走る距離はすぐに伸ばせるようになります。

ただ、着地の衝撃を受け止める力はなかなか追いつかないためケガなく距離を伸ばすにはある程度クッション性の高いシューズが必要です。

【アシックス】GT-2000 NEW YORK 6


価格:7000円〜10000円

重さ:290g

多分世界で一番売れているランニングシューズ。

誰でも違和感なくフィットし、1km7分以下のゆっくり走りに向いています。

シューズの反発に合わせて走るときはいいのですが、1km5分くらいにあげるとクッション性が邪魔になるので走力があがってきたら卒業です。

4時間台(サブ5)

【ミズノ】ウェーブ ライダー 21

ウェーブライダー ウェーブライダー


価格:9000円〜

重さ:282g

毎年モデルチェンジするほどミズノが力を入れているモデル。

特徴はドロップ(つま先とかかとの高さの差)が12mmと高めなこと。

走り始めると自然な前傾姿勢になるのでとにかく前へ前へと進みます。

フルマラソンですとイーブンペースで4時間30分くらいまで。

3時間30分〜59分(サブ4)

【アシックス】LYTERACER TS7

ライトレーサー ライトレーサー


価格:7000円〜

重さ:245g

クセがなく耐久性も高いので部活用にも最適な一足。

軽くて薄底なのに結構クッション性もあり私はトレーニングもレースもこの一足で済ませています。

3時間30分以内(サブ3.5)

【ナイキ】ズームフライ

ズームフライ ズームフライ


価格:15000円

重さ:243g

同じナイキのヴェイパーフライ 4%の廉価版。

ドロップは10mmでこちらも前傾タイプ。つま先がぐっと上がっているため勝手にスピードが上がる設計。

今シーズン一度はこれでフルに出場予定。

3時間以内(サブ3)

自己ベストが3時間27分なので下記シューズとは縁がありませんが、短距離であれば一度試して見たい(手に入れば)高機能モデルです。

【アディダス】adizero takumi sen 3


価格:1万円前後

重さ:165g

青山学院を3連覇に導いたモデル。

【ナイキ】ズーム ヴェイパーフライ 4%

価格:40000円〜

重さ:170g

現時点でのマラソン日本記録モデル。同じペースなら4%楽に走れるシューズ。

もし原価で手に入ったら履くよりも倍くらいで売りに出せそう。

【ニューバランス】三村モデル

価格:28000円〜 

学生、実業団のみ購入可能で一般売りはしていない。

まとめ

レベル別のおすすめシューズを紹介しましたが、基本ハーフマラソンを2時間以内で走れるようであればアシックスのライトレーサーをおすすめします。