化学繊維インナーをやめてみたらこうなった

シャツ

こんにちは!こ〜たろうです。

今日は化学繊維のインナーをやめた時のお話です。

エアリズム&ヒートテック

ここ数年夏はエアリズム、冬はヒートテックが定番になっていました。

エアリズムは着た瞬間にひんやり感があり、汗もすぐ乾いてサラサラが持続するのでムシ暑い日本にはぴったりの下着。

ヒートテックはちょい起毛されていてこちらも着た瞬間にあったか感があり、袖が九分丈でシャツとも合わせやすくいいとこだらけ。

冬場のお出かけには極暖というさらに厚手のものもあり、さすがユニクロさんといったところです。

もちろん上下ともに毎年新作を購入していました。

ただ、新品時の石油くささがだんだん気にはなっていましたね。

乾燥肌なの?

季節によっては気がつくとあちこちかきむしっていたりすることがありましたが、みんなも着ているインナーのせいだとは思いもよりませんでした。

ちょっと調べてみたら、化学繊維インナーは肌の水分を必要以上に吸収するため、乾燥しやすくなるとのこと。

ということですしばらくエアリズムとヒートテックをやめてみることにしました。

100%コットン製に変更してみたこうなった

同じユニクロさんに綿100の製品もあったので、インナー用と部屋着用を購入。

着心地とかは普通ですが、1年くらい経って乾燥肌感はほぼなくなりました。

モンベルのメリノウールインナーも試してみましたが1回着ただけでわかるほどの違いはなさそう。

この秋冬はちょっと奮発してシルクインナーにも挑戦してみたいですね。



まとめ

マラソンや登山の時はコットンよりも化学繊維の方がおすすめというかコットンは不可ですが、長時間肌に直接触れるインナーや部屋着は自然由来のコットン・ウール・シルクが良さそうです。