【静岡県伊豆の国市】伊豆・韮山歴史散歩

韮山町(にらやまちょう)は、かつて静岡県東部の、伊豆半島に位置した町である。2005年4月1日に、大仁町と伊豆長岡町と合併し、伊豆の国市の一部となった。
箱根峠や伊豆府中(三島)に近いので、箱根以東の政治勢力からは、韮山は三島と列んで、伊豆国の拠点都市の一つとして見なされていた。
源平合戦の時期、郊外に当たる蛭ヶ小島には、源頼朝が政権によって流刑されていた。関東の武士団は、この頼朝を指導者として仰いで一体化し、鎌倉開府への道を開いた。
江戸時代には、伊豆国一帯は天領で、韮山には伊豆国の統治の拠点となる韮山代官所が置かれていた。Wikipedia