【静岡県賀茂郡東伊豆町】ヤシ

こんにちは!こ~たろうです。毎日投稿しています。チャンネル登録お願いします。 http://www.youtube.com/channel/UCcMDY… 2021/4 ヒレカツ定食 980円。 東伊豆町(ひがしいずちょう)は、静岡県賀茂郡にある町。伊豆半島東岸に位置する。 町は伊豆半島中東部にそびえる天城山の南東麓から海岸までを町域とし、急峻な地形であるため多くが山林で占められている。相模灘に面する海岸線は断崖が多く、荒々しい海岸となっている。住宅地は海岸付近に集中し、稲取地区が最も人口が多く、町役場が置かれている。 東伊豆町は海に面し、山も崖崩れが起きやすい箇所が多いため、市町村防災行政無線が町全域に設置されている。それを使用して、毎日7時30分と11時、16時にメロディの時報を流している。 山 : 天城山、遠笠山、箒木山、浅間山 河川: 白田川、濁川、向井田川 江戸時代末期 – 稲取村、奈良本村、白田村、片瀬村、大川村が存在。旧高旧領取調帳では白田村・片瀬村は旗本領、稲取村・奈良本村・大川村は沼津藩領。 明治時代初期 – 韮山県や足柄県に組み込まれる。 1876年(明治9年) – 静岡県に組み込まれる。 1886年(明治19年)4月22日 – 白田村の天城山で硫黄鉱の採掘が許可される。 1889年(明治22年) – 町村制の施行により、稲取村が単独で自治体を形成。奈良本村・白田村・片瀬村・大川村が合併して城東村が発足。 1903年(明治36年)3月20日 – 「静岡新報」、内務省地方局調査に基づき、稲取村を「村法の模範」と紹介。 1920年(大正9年)12月 – 稲取村が町制施行して稲取町となる。 1926年(大正15年)3月 – 河津川水力電気株式会社白田発電所創立。 昭和時代初期 – 北川温泉や稲取温泉が発見され温泉地となる。 1954年(昭和29年)2月28日 – 稲取町の稲取婦人学級が文部省の実験婦人学級に指定され発足。 1956年(昭和31年)6月 – 稲取町の町営テングサ採集の海女ら250余人、採取賃上げを要求、一部の海女はストライキに突入。 1959年(昭和34年)5月3日 – 稲取町と城東村が合併して東伊豆町が発足。 1961年(昭和36年)12月10日 – 伊豆急行線が開業。 Wikipedia