【兵庫県神戸市中央区】南京町 中華街

南京町(なんきんまち)とは、兵庫県神戸市中央区にあるエリアであり、元町通と栄町通にまたがる一帯を指す。
横浜中華街、長崎新地中華街とともに日本三大チャイナタウンの一つに数えられ、東西約200m、南北110mの範囲に100あまりの店舗が軒を連ねる。店頭の路上で点心、スイーツ、食材、記念品などを売る店も多く、休日は地元の買い物客や観光客で賑わう。
「南京町」という用語はかつて中国人街を指す一般名称であった。しかし、そのほとんどは戦後に改称したため、現在では事実上神戸のこの地区のみを指す固有名詞となっている。
南京町の中央通りは、十字路になっていて中央の広場には「あずまや」、東は「長安門」、西は「西安門」、南は「海栄門」という名前の門があり、北は元町商店街につながる。
午前10時頃から一部の店が開き始めるが、車両通行禁止になる午前11時までは納品車両が行き交う。
日が暮れて夜になると「長安門」や「あずまや」はライトアップされる。Wikipedia