【広島県廿日市市】豊国神社(千畳閣)

千畳閣(せんじょうかく)は、広島県廿日市市の厳島(宮島)にある神社建築であり、厳島神社末社豊国神社(「とよくにじんじゃ」または「ほうこくじんじゃ」と読む。)本殿の通称である。畳857枚分の広さがあることから「千畳閣」と呼ばれるようになった。
豊臣秀吉が、千部経を読誦するために天正15年(1587年)に発願し、安国寺恵瓊に命じ建立した本瓦葺き入母屋造りの大経堂。秀吉没後は,天井の板張りや建造物の外構など完成を見ないまま現在に至る。なお、豊国神社の社号は秀吉が死後に神として崇められるようになった神号(しんごう)である「豊国大明神」(ほうこくだいみょうじん)に因んでいる。1872年(明治5年)に秀吉霊神を祀り豊国神社と改称した。1918年(大正7年)に宝山神社の祭神加藤清正霊神を合祀する。千畳閣横の五重塔は、神仏分離令後、塔内の仏像は大願寺に遷され、厳島神社末社豊国神社の付属建造物、厳島神社五重塔として厳島神社管理となっている。
1996年(平成8年)12月に世界文化遺産「厳島神社」の構成資産として、厳島神社末社豊国神社、厳島神社五重塔が登録されている。Wikipedia